羽根小学校のみんな一緒に探究学習 一緒にSDGsを考える

今日は羽根小学校の6年生のみんなと一緒に探究学習

一緒にSDGsについて学ぶ時間

 

ふくろうのSDGsへの活動のサポートしてくれている

グリーンフロントの小串先生を招いて羽根小学校への出前講座です

 

本当は一緒に出向いての予定でしたが

緊急事態宣言下の開催でしたので、今回はZoomにて開催です♬

 

小串先生の授業

とても分かりやすかった!!

改めて

 

なんでSDGsなのか? を知って

色々なこと全部がSDGsにちゃんと繋がることを理解

 

特に今回印象的だったのが

みんなの夢そのものが「SDGs」だという話

 

みんなに事前に聞き取った

2030年 20歳のみんなは何を頑張ってる??

バスケ!!

絵の勉強!!

第一種電気工事士!!

パティシエ!!

研究者!! などなど

 

で、そのどんな頑張りもSDGsに繋がる事を

小串先生が伝えてくれたこと

 

一人一人が自分自身の「夢」に向かって頑張ると

SDGsの目標達成に繋がる!!

 

僕もそう思います

 

ふくろうがSDGsに取り組むことを決めた時

小串先生に相談しました

 

小串先生からは、

もう実はSDGsでやっていることたくさんありますよ、ふくろうさんは!!

 

そこから始まったのを思い出しました

それをスタッフに伝えて

スタッフもスッと受け入れて

今は、前より意識して新しい取り組みを始めてくれている

 

それでいいと改めて気付いた、合同探求学習でした!!

小串先生、羽根小学校のみんな 今日はありがとうございました!!

 

僕たちふくろうも

を実現することで

 

のゴールに向かって行きます♬

 

今日もふくろうは元気です!!

緑はすごい!! 二酸化炭素濃度を「見える化」 のぞみのSDGs

この写真で注目して欲しいのは、白い箱(?)

洒落た百葉箱みないなもの

 

ふくろうの杜に取り付けられたこの箱の中身は

こうなっていて

何が入っているかというと・・・

 

 

これ

 

デイサービスと有料老人ホームと喫茶コーナーに設置した

空気中の二酸化炭素濃度を測る機械

 

これは、名古屋産業大学が取り組む「SDGs」に繋がる活動

「地域のCO2濃度調査に基づく環境教育」の一環として

地球温暖化を見える化して身近な環境問題として時間する取り組みです

 

詳しくはコチラ

 

環境教育に協力して環境問題を実感する!! ふくろうのSDGs

 

岡崎市役所の駐車場等に同様のものが設置され

場所ごとの二酸化炭素の濃度をリアルタイムで調査していくそうです

 

ふくろうは「街中で緑がある場所」として測定に協力します

 

いい大人たちがワクワクしながら設置します

どんな結果かとても楽しみです♬

 

10月前半には、1ヶ月の結果報告会を開催♬

なんだかワクワクのドキドキです

 

 

少しずついろんなSDGs取り組みに参加して

スタッフのみんなも意識してくれて

ご家族や地域の皆さんもの少しずつ発信してたら

 

ペットボトルのキャップが大好きなふくろうくんに

ご家族だったり

 

民生委員さんだったり

 

に協力をもらえてます

皆さんいつもありがとうございます!!

 

SDGsって難しいことじゃなくて

17の目標に向かって、「今できること」や「実はもうやっていること」を

意識して見つめ直してみようって事から始める事だと実感です

 

という事で、これからも

みんなを巻き込んで楽しくSDGsしていきます♬

 

今日もふくろうは元気です!!

のぞみの想い

本日、設置完了!!

 

今までふくろうの廊下には

この「理念」を掲げていました

 

開設から2年半経った時に「理念」だけではなく

「社是」「ミッション」「ビジョン」を創り

スタッフに共有し、実現に向けてみんなで進んでいます

 

そして今回、新たに仲間入り!!

 

社是

 

ミッション

 

ビジョン

 

入居者様のご家族様にお願いして書いていただきました

Sさん、本当にありがとうございます!!

 

そして本日ついに設置完了!!

胸熱です!!

 

実現に向かってみんなと一緒に進んで行きます♬

今日もふくろうは元気です!!

8月木鶏会研修報告 ー人間力を向上させてケアを向上させるー

8月 社内研修「木鶏会」の報告です

今月もスタッフ全員で木鶏会に臨みます

 

この後の僕の文章だととてもお堅い研修ぽく伝わりますが

こんな感じで

 

笑いありの楽しい時間でみんなで人間力を上げていきます

 

今回のテーマは

積み重ね 積み重ねても また積み重ね

 

きっとどんな仕事にもこれは当てはまります

仕事だけではなく「人」と「人」との関係でも一緒だと思います

 

 

一人一人が「致知」を読み

感じたこと、思ったことを伝えあい

認め合います

 

心に残ったスタッフの想いを紹介します

 

運命をひらく 人生の”合い言葉”より

■以前、居酒屋で聞いた「はい喜んで」

とても素敵なフレーズが気に入り、今までも頼まれごとは

「はい喜んで」と受けてきた

これからも今まで以上に「はい喜んで」と返事をします

どうせやるなら「いやいや」「しぶしぶ」は時間の無駄

僕にどんどん頼み事してください笑

 

勝利への執念の積み重ねが日本一への道を拓いたより

■学生時代厳しい部活生活を送ってきたので

この記事にとても共感しました。

日々の積み重ねや人間性が土壇場やいざという時に

出ることを部活動通して学びましたが、

まだまだ不十分だったと実感しています。

ここでみんなと一緒に成長していきます!!

 

みんなの総括から

■みんなの感想から、一人一人の成長への目標を感じました

自分も一緒に日々努力し、成長していきたいと思います

みんなで成長することが「すごいふくろう」に繋がるし、

「すごいふくろう」にしたいと思いました!!

 

もちろん他にもたくさんの素敵な話を共有することができました

本当にみんなと一緒に介護ができること幸せに思います

いつも本当にありがとうございます!!

 

今日もふくろうは元気です!!

 

キャップを集めてワクチンを送ろう スタッフからの提案

朝、出勤すると玄関に「デーン」と

 

え??なにこれ??

何が始まった??

 

色々記憶をたどってみます。

 

そう言えば、3日くらい前にスタッフから

「ペットボトルのキャップ集めていいですか?

SDGsへの取り組みにもつながるので、集めますね!!」

って言われてました!!

 

これのことか!!

 

昨年に宣言してみんなで取り組み始めた「のぞみのSDGs

ちょくちょく話しをしているから、みんなもSDGsに関心を持ってくれて

いろいろと取り組めています

 

このペットボトルのチャップを集めて

ワクチンを送る取り組みに参加するのも

 

 

私たちの仕事って

3全ての人に健康と福祉を が中心だよね

でもこれに関わる人たちに協力を得られたら

10人や国の不平等をなくそう に繋がるよね♬

出来そうだしやろうよ♬

 

というスタッフの会話から動いて、僕には深く説明なく

「ペットボトルのキャップ集めていいですか?

SDGsへの取り組みにもつながるので、集めますね!!」

だったそうです

 

スタッフのアンテナとアイデアと行動力に感謝!!

とにかく感謝!!ありがとう!!

 

 

で、スタッフのみんなには

ペットボトルのチャップはプラごみだから

14海の豊かさを守ろう にも繋がるねー

と伝える

そして・・・

もうちょっと「見栄え」もなんとかしてと笑って伝える

 

で、出来上がりが

 

よしっ!!完璧に「ふくろうイズム」満開です!!

 

 

玄関でペットボトルのチャップが大好物のふくろうが皆さんをお待ちしています♬

エサをどんどん与えて、皆さんもSDGsへの取り組みに参加してください♬

 

今日もふくろうは元気です!!