たまにはレクリエーションもいいもんだ♬

年末 ふくろうデザイン担当のスタッフNさんが

ちょっと探り探りに

「年が明けたら新春のお楽しみ会をやりたいんですが、いいですか??」

って聞いてきました

 

いやいやそんな楽しそうなこと良いに決まってるのに・・・

なぜにそんな探り探りに??と逆に聞き返したら

 

いつも利用者さんめちゃめちゃ働いたり

運動したりで

レクリエーションする隙がないんです

 

なるほど!!

 

確かに10月のリニューアルから

来年度の小学校新入生のためにランチョンマットを作ったり

 

杜を散歩したり

 

ヨガ的なものをしてみたり

 

杜の手入れをしてみたり

 

お昼の食事の準備に勤しんでみたり

 

明日の利用者さんのために掃除をしたり

 

と大忙しで確かに隙がない笑

 

それぞれの役割をまっとうするのも大事ですが、

たまの息抜きも大事ですね♬

 

という事で、Nさんのやりたい「新春イベント」開催です♬

 

目が血走るくらい真剣にカルタ取りして

 

福笑いで大笑いして

福笑いはなんでこんなに笑えるんだろう

みんなそこそこ上手く出来てるのになんか笑えて仕方ない

 

あとジャンボな双六したり

絵馬に願い事を書いたり

昔懐かしのお正月遊びをNさんが色々工夫してくれて

みんなで汗かきながらたくさん笑いました♬

 

いつも満員御礼の「ふくろうシネマ館」も

今日は客入りが半分だったそうだ笑

 

利用者さんに

「仕事で大事なのはメリハリだよ」って

笑顔で言ってもらえたのでこんな時間も定期的に作りながら

「役割」を果たしてもらっていこうって思いました

 

新春のイベントは今週ずっとやってます

Nさんナイスな企画ありがとう!!

 

今日もふくろうは元気です♬

グループホーム「風の杜ふくろう(仮称)」はじめの一歩♬

2022年1月8日 快晴♬

今日は令和5年1月に開設予定の新しい施設

グループホーム「風の杜ふくろう(仮称)」の地域住民の皆さんへの説明会です

 

令和3年11月10日に岡崎市より令和4年度地域密着型の選定を受けることができました

https://www.city.okazaki.lg.jp/1400/1424/1408/p011001.html

↑岡崎市のホームページにリンクしています↑

 

建設を予定している岡崎市野畑町で

リーダーのみんなと「はじめの一歩」を実感して

 

説明会会場となる野畑公民館へ

 

たくさんの地域の方に参加いただけ感謝です

 

「事業内容」と「想い」を伝える水野も力が入ります

 

地域の皆さんからたくさんの貴重なアドバイスを頂き

「はじめの一歩」を踏み出すことができました♬

 

会の開催にご協力いただきました地域総代の皆さん

ありがとうございました!!

これからもよろしくお願いいたします!!

 

1年後に予定しているオープンが楽しみで仕方ないです♬

今日もふくろうは元気です♬

 

令和5年1月開設予定の

グループホーム「風の杜ふくろう(仮称)」で

・入居を考えたい

・一緒に働きたい

 

のご相談はこちらまで

□電話でのお問い合わせ

0564-73-0521 有限会社のぞみ 担当 古市

メールでのお問い合わせ

お問合せ

 

2022年 明けましておめでとうございます♬

謹んで新春のお喜び申し上げます

本年もよろしくお願いいたします

 

夜勤明けのスタッフに新年ぽい写真をお願いしてみたら

朝の杜の様子と

 

朝から楽しそうなみんなの写真をもらって

 

楽しい一年が始まるなぁ♬とワクワクです

 

今年もたくさんの方々と繋がりを深めながら

楽しく「笑顔」でワクワクしていきます♬

 

皆さんも「ふくろう」と一緒にワクワクしていきましょう!!

今年もどうかよろしくお願いいたします!!

2021年 今年もたくさんの笑顔をありがとうございました!!

12月31日 今日は大晦日です

今年もいろいろなことがあったなぁと振り返りながら年を越していきます

 

今年もたくさんの方と出会い

たくさんの笑顔を見ること出来ました

 

コロナ禍から始まった一年も

たくさんの方々のご協力のおかげで

無事に終えることが出来ます

 

本当に感謝・感謝の一年です

ありがとうございました!!

 

今年、新しく始まったこと

来年、新しく挑戦していくこと

 

これからも「笑顔」いっぱいで楽しんでいきます

 

本年は本当にありがとうございました。

来年もよろしくお願いいたします。

未来はみんなの手の中 羽根小学校SDGs 未来の街づくり見学♬

羽根小学校6年生の生徒さんからのお誘い

 

「僕たちの作った街を見てアドバイスをくれませんか?」

 

羽根小6年生のみんなが総合事業の学習の中で取り組んだのが

「誰でもいつまでも住み続けられるまちづくり」のテーマ

 

未来の街を想像して、どんなものがあったらどんな人が喜ぶのか?

そんなことを考えながら作った街をみて実際に高齢者の方はどう思うのか?

 

6年生総合授業の集大成の途中経過で利用者さんと一緒にアドバイスをします

 

本日お連れしたのは5名の利用者さん

うち3名はなんと元学校の先生!!

どんなアドバイスができるのか?

ワクワクです♬

 

6年生のみんなの作った街はどれも想いが伝わって嬉しかったです

それぞれの班の街づくりで大切にしてる想いがあって

それを形にしようとしてて本当にすごいと思いました

 

特にどの街も高齢者が住みやすいをとても意識してくれていて

・ドローンを使っての無人宅配サービスの実演をプログラミングで実演

・安全性を配慮した車に乗ったまま買い物ができるスーパーまでの道のりの実演

・伝統の技術を持った職人さんを守るための場所

 

一つ一つの仕組みと想いを一生懸命説明してくれました

 

 

それぞれに面白い!!

本当にいろんなことを考えてくれたんだなととても嬉しかったです

 

そんな街の説明を嬉しそうに聴きながら

元工業高校先生がぽそりと一言

 

移動が便利になってくのはみんなの説明でよくわかった

スーパーに行くまでだけじゃなくて行ってからも考えてくれると嬉しいな

 

本当にその通りです

 

品物の陳列の工夫

商品を運ぶこと

持って帰ること

 

車椅子になって初めてわかった出来なくなった事

しっかり子供達に伝えます

実際の「老い」と触れ合うから伝わるものがきっとあります

 

 

真剣な顔でその実体験のヒントを聴いてくれるみんな、ありがとう

きっとみんながこれから作っていく街は本当に全員に優しい

とても楽しみです

 

初めての車椅子を押す体験

意外と難しいらしい

 

最後の帰る時までみんな本当に優しい

 

 

帰りの車でみんな

いいもの見たね

あんな街に住めるまで頑張るかって笑って帰ってきました

 

お互いに未来に夢いっぱい♬

今日もふくろうは元気です!!